京都・宇ゐでは出張着付け、着付教室、きものの販売、コーディネートをしています。出張着付を承ります。
HOME
出張着付
WEB着付教室
着付講習のご案内
宇ゐコミュニティ
出張 きもの整理
宇ゐの概要
ご予約・お問合せ
LINK
WEB着付教室 着付のコツと帯結び
MENUページ
着付編1 襦袢の衿が崩れない方法
襦袢の後ろ衿を抜いてキープする方法をご紹介します。

前部分の衿合わせが着付や帯結びをしているうちに緩むのは
後衿がしっかり支えられてない場合があります。
苦しくない着付のためにも、締め付けずに動いても着くずれしにくい方法です。
着付編2 帯揚げをきれいに結ぶ
胸元がきれいに収まる帯揚げ処理のコツです。

帯揚げは美しい着付の最後のキメ手となります。
シワが出にくく余り部分をうまく納める方法で
着物や帯を、きれいに帯揚げを結ぶことで引き立てます。
着付編3 “おはしょり”作りを簡単に美しく
きれいなシルエットの着姿を目指して。

帯の下のおはしょりが膨らんでいると美しい着姿に見えません
凹凸の少ないすっきりとしたシルエットに着るために。
おはしょりを薄く手早く仕上げるコツです。
帯結び1 半巾帯の結び方:リボン結び
とにかく簡単で早い結び方ならこれ!

前結びで身体をラッピングする要領です
蝶々結びを帯でするだけなので
難しい技術は必要ありません。まずはこの結び方でゆかたを!
帯結び2 半巾帯の結び方:貝の口
家事をしたり移動の際に背中が楽な結び方です。

背中に帯枕や結び目による厚みがない昔からの帯結びです
着物を着て家事や仕事をしたり
交通機関や車での移動にもくずれにくい身体に楽な帯結びです。
帯結び3 袋帯の角出し結び
紬や小紋でのお出かけに優しいラインです。

気楽なお出かけやおしゃれ着を着る際に
おぼえておくと重宝な帯結びです。
お太鼓よりも重心が低くなるので柔らかいシルエットに結び上がります。
帯結び4 名古屋帯の角出し結び
名古屋帯での角出しにもチャレンジしましょう。

結び方の原理は同じですが帯が短いぶん
背中の膨らみ部分が一重になります。
紬用の八寸帯などで活躍します。使う帯の長さに注意してください。
このページのトップへ
Copyright 2005 宇ゐ All rights reserved. by seo      プライバシーポリシー       出張着付け・着付教室