京都・宇ゐでは出張着付け、着付教室、きものの販売、コーディネートをしています。WEB着付教室 袋帯で角出し結びをご紹介します。
HOME
出張着付
WEB着付教室
着付講習のご案内
着物ライフを楽しむ
出張 きもの整理
宇ゐの概要
ご予約・お問合せ
LINK
WEB着付教室 着付のコツと帯結び
→WEB着付教室 一覧に戻る
袋帯で角出し結び
※写真をクリックすると拡大表示します
  袋帯で角出し結び
@  1.手先を長めに取り、胴に二回巻いて
   背中で
手先が上にくるようにひと結びします。
A  2.手先の折り目の方を下にして背中に水平に置き
   仮紐(写真のように帯締めを使ってもいいです)
   で手先を背中に仮留めしておきます。
B  3.後ろでタレの表を出し、下に流れている
   タレを3等分し下からその3分の一の
   場所(お太鼓では帯枕の場所)
   に帯揚げをかけます。

   タレの根元から手先巾分下がったところを
   山として両端や柄面にシワや歪みが
   ないよう調整します。

   帯揚げだけでは不安な場合は腰紐か
   薄いタオルを畳んだ小さい枕のような
   ものを作って帯揚げで包むと安定します。
C  4.帯揚げを当てた山を、仮留めしてある
   手先の上に背負い、タレがまっすぐに
   下におりるよう確認します。

   背負って帯揚げを胸前で仮結びしましたら
   最初に手先を仮押さえしていた仮紐
   (帯締め)を抜いてしまいます。
   (手先は落ちません)
D  5.山の下にある手先などが膨らまないように
   整えます。
E  6. 3等分されたタレの両端が3枚揃うように
   すると出来上がりが美しくなります。 
F  7.太鼓部分の輪の内側(タレの上)の場所に
   帯締めをかけ、タレ先から15cmほど
   上の部分を全部一緒に持ちます。

   背中の帯の下で手先が通っている場所の
   下をくぐらすように先ほど一緒に持ったところを
   ウエスト位置にまで両手を一緒に上げます。
G  8.帯締めが帯の胴巻きのセンターを通る
   位置まで上げたら前でしっかり結びます。
 
   タレ先の出方が少ない時はタレ先の端を
   引いて出し、タレ先部分が長過ぎる時には
   押さえている帯締めの上の部分でタレ先の
   延長の場所を引き上げて短くします。
完成    最後に、帯揚げ・帯締めをきれいに
   おさめてから背中でバランスよく
   手先が「角」としてわずかに左右から
   出るように整えて出来上がりです。
☆ 帯結びに慣れるまでの隠しワザ ☆

胴に巻きつける際に緩んでしまったりする時[手先を決める時]、
[1周巻いたときや巻き終わった時]、[タレの長さを試したいとき]
などは、帯を傷つけないような洗濯バサミや呉服店で販売している
着付け用のピンチで仮止めしながら結んでいくとすごく楽です。

二周巻き終わった端(帯の下端)に留めておくと帯結びの最中に
巻いた部分がゆるまず作業が楽です。
 
→WEB着付教室 一覧に戻る
このページのトップへ
Copyright 2005 宇ゐ All rights reserved. by seo      プライバシーポリシー       出張着付け・着付教室